【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)は29日、テレビ会議形式で首脳会議を開き、感染「第2波」が猛威をふるう新型コロナウイルス対策の連携強化を協議した。フォンデアライエン欧州委員長は終了後の記者会見で、病床数が逼迫(ひっぱく)する加盟国から空きのある国への患者移送に2億2000万ユーロ(約268億円)を拠出すると表明した。
 今春の「第1波」で感染が集中したイタリアなどで医療崩壊が起きた反省も踏まえ、負担の分散化を図る。フォンデアライエン氏は「各国が情報を共有するほど対応を協調できる」と強調した。 (C)時事通信社