【ワシントン時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、米国内の新型コロナウイルス感染者数が29日、900万人を超えた。同日に報告された新規感染者数も8万6600人を上回り、1日の感染者数として過去最多を更新。大統領選の投票を5日後に控え、感染拡大が加速している。
 米国内の死者は22万人を超え、ノースダコタ、ウィスコンシン両州など中西部を中心に、広い地域で感染者が増えている。全米では最近1週間に、1日当たり平均7万5000人超のペースで感染者が増加している。
 同紙によれば、ウィスコンシン州のエバーズ知事は「われわれは切迫した危機に直面している。皆さんや家族、友人、隣人が緊急のリスクに見舞われているのだ」と警告した。CNNテレビによると、ホワイトハウスの新型コロナ対策本部は最新の報告で「積極的な感染防止策が必要だ」と訴えた。
 国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は28日のCNBCテレビで、全50州のうち47州で新規感染者が増加しているとして「このままでは感染者、入院患者、死者がさらに増え、わが国は計り知れない苦痛に見舞われる」と警告した。 (C)時事通信社