東京都の小池百合子知事は30日の記者会見で、新型コロナウイルスの検査可能数を1日当たり最大6万5000件へ引き上げると発表した。現在は通常時2万5000件、最大時4万6000件に対応できるが、今冬はインフルエンザとの同時流行が懸念されるため、12月までに拡充する。
 6万5000件は、政府が示したピーク時の検査需要の計算式から算出した。今後、抗原簡易キットを活用して検査数を上積みする。小池氏は「必要な検査を迅速に実施できるよう関係機関と連携して拡充する」と述べた。 (C)時事通信社