【ビジネスワイヤ】創薬・医薬品開発サービスの米クラウン・バイオサイエンスは、中国の中山市に新たながん研究センターを開設すると発表した。同センターは、バイオセーフティーレベルのBSL-2とABSL-2に準拠する設備を備える。当初は細胞株由来異種移植モデル(CDXモデル)に重点を置く。来年初頭に全面的に運営を開始する予定。(C)時事通信社