国内で確認された新型コロナウイルス感染者は、2日午前10時時点で、クルーズ船の乗船者らを含め10万2778人となり、前週より4848人増えた。死者は56人増加し、累計1789人となった。
 都道府県別で見ると、最多は東京の3万1212人(前週比1179人増)。次いで大阪1万2876人(同830人増)、神奈川8777人(同408人増)が多い。1日当たり最多の感染者確認が続いた北海道は前週比401人増で3205人となっている。
 死者が最も多かったのは東京の455人(同8人増)で、大阪244人(同10人増)、神奈川171人(同8人増)が続いた。 (C)時事通信社