【ロンドン時事】新型コロナウイルスの感染第2波の深刻化を受けて英イングランドが5日、2度目の全土ロックダウン(都市封鎖)に突入した。欧州主要国ではフランスとドイツに続く措置。「規制疲れ」の国民は不満を抱え、中小企業関係者は「壊滅的打撃だ」と悲鳴を上げている。
 新たな規制下では生活必需品を扱う店以外は閉鎖され、飲食店も持ち帰り営業のみ。ただ、春と異なり学校は継続し、在宅勤務ができない労働者の出勤も認められる。期間は12月2日までの約1カ月。感染率が下がらない場合は延長の可能性もある。 (C)時事通信社