【コペンハーゲンAFP時事】世界最大のミンク毛皮の生産国デンマークは4日、ミンクに新型コロナウイルスの変異種が見つかり、人への感染も確認されたとして、国内で飼育する全頭を殺処分すると発表した。
 フレデリクセン首相は記者会見で「(変異は新型コロナの)ワクチンが効かなくなるリスクをもたらす」と指摘。警察幹部は早急に処分を開始する方針だと述べると同時に、対象は1080以上の飼育場の1500万~1700万匹に及ぶため「大変な作業になる」との見方を示した。 (C)時事通信社