加藤勝信官房長官は5日の記者会見で、北海道での新型コロナウイルスの感染状況について「札幌市内を中心とした接待を伴う飲食店など、さまざまなクラスターが散発し、新規感染者数が増加傾向にある」と指摘し、北海道への支援を継続する方針を示した。
 加藤氏は、観光支援事業「Go To トラベル」と感染者増の関係について、「北海道庁に確認したところ直接関連したクラスターが発生しているとは聞いていない」と説明。「道庁からの要請を受け、厚労省クラスター対策班の専門家2人を派遣し、感染拡大の可能性のリスク評価、感染拡大防止対策の提案などの支援を行っている」と語った。 (C)時事通信社