名古屋市は10日、公表済みの新型コロナウイルスの感染者数で58人分の公表漏れと4人分の重複があったと発表した。愛知県内の累計感染者は54人増える。
 市によると、職員が9月上旬、集計業務の過程で適切に公表されていない事例に気付き、感染者が急増した7月以降を再集計したところ、未計上と重複が判明した。
 保健センターから発生を届けるファクスが適切に送られていなかったことや、感染者の氏名の誤入力などが原因という。9月以降はデータの電子化により、不備はないとしている。 (C)時事通信社