日本医師会の中川俊男会長は11日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染が拡大している現状について、「第3波と考えていい」との認識を示した。その上で「全国的な感染者急増が続けば、医療提供体制が逼迫(ひっぱく)するのは明らかだ」と述べ、感染防止対策の徹底を呼び掛けた。
 中川氏は、感染が広まっている北海道の状況に触れ「非常に切迫した状態だ」と指摘。政府が観光支援事業「Go To トラベル」で、北海道の除外に現時点で慎重な姿勢を示していることに関し「急速な拡大の兆候が見られたら、柔軟に見直しを考えてもらいたい」と求めた。 (C)時事通信社