【モスクワ時事】ロシアが世界で初めて承認した新型コロナウイルスのワクチン「スプートニクV」について、開発に関わる政府系ファンド「ロシア直接投資基金」は11日、最終段階の臨床試験(治験)で発症の防止に関し「92%の有効性」が確認されたとする中間結果を発表した。
 米製薬大手ファイザーが9日に開発中のワクチンについて、「9割超の有効性」を確認したと発表しており、対抗する意図がありそうだ。 (C)時事通信社