東京都は16日、新型コロナウイルスの陽性者が相次ぐ豊洲市場(江東区)で、業界団体が水産仲卸業者約4000人を対象とする自主的なPCR検査を始めたと発表した。今月末までに終える見通し。
 都によると、同市場では8月15日以降、計76人の感染が確認された。うち20人は業界団体の豊洲市場協会が実施した一部の仲卸業者への検査で判明した。この検査の対象外となった業者でも感染が続いたことから、同協会は全480社に検査対象を拡大することを決めた。 (C)時事通信社