西村康稔経済再生担当相は17日の参院内閣委員会で、新型コロナウイルスの現在の感染状況について「夏よりも大きいような流行が来ている」との認識を示し、「本当に危機感を強めている」と表明した。日本維新の会の清水貴之氏への答弁。感染が拡大した地域では病院などでPCR検査を一斉に実施する方針も示した。
 日本国内の感染者数は8月ごろに「第2波」とも言われる伸びを示し、その後いったん減少。しかし今月、急速に三たび増加し、1日当たりの感染確認が過去最多を更新した。
 一方で西村氏は、各地の現状が感染者の急増した状況などを指す「ステージ3」に当たるかどうかに関し、「該当すると判断している知事はまだいない」と指摘。国の一連の需要喚起策「Go To」キャンペーンを継続する考えを重ねて示した。 (C)時事通信社