東京都は17日、2020年度12月補正予算案を発表した。新型コロナウイルス対策として計2308億円を計上。年末年始の診療・検査体制を確保するための医療機関への協力金(30億円)などを盛り込んだ。
 協力金は12月29日~21年1月3日に医療機関が診療などを行う場合、4時間当たり一律15万円を支給する。都内の約3000機関が対象となる予定で、小池百合子知事は「インフルエンザとの同時流行も想定されるためご協力をお願いしたい」と述べた。 (C)時事通信社