【モスクワ、北京時事】ロシア、中国、インド、ブラジル、南アフリカの新興5カ国(BRICS)の首脳会議が17日、オンライン形式で開かれた。今年の議長国ロシアのプーチン大統領はロシアが開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、「効果的で安全だ」と述べ、BRICS各国と生産などで連携する姿勢を強調した。
 プーチン氏はロシアが世界で初めて承認した新型コロナワクチン「スプートニクV」の臨床試験(治験)や現地生産に向けて、インドやブラジル、中国と交わした合意を説明。ロシアで2番目の国産ワクチンが承認され、3番目の開発も進められているとし、「BRICSのパートナーと協力する用意がある」と表明した。
 中国メディアによると、習近平国家主席は演説で「内政干渉や単独制裁に反対しなければならない」と訴え、中ロに制裁を加える米国をけん制。トランプ政権の「米国第一主義」を念頭に「BRICS国家は多国間主義の旗を高く掲げる必要がある」と呼び掛けた。 (C)時事通信社