【バンコク時事】タイ政府は18日、新型コロナウイルス対策として全土に出している非常事態宣言について、期限を今月末から来年1月15日まで延長することを決めた。3月26日に発令した宣言の延長は8度目。
 政府は延長の理由として、年末年始の観光シーズンを迎えるほか、1月にバンコクでバドミントンの国際大会が開かれることを挙げた。タイでは市中感染はほとんど確認されておらず、延長は活発化する反政府運動を抑える思惑もあるとの見方が出ている。 (C)時事通信社