【エルサレム時事】トルコのエルドアン大統領は17日の演説で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、市民の外出制限やレストラン店内での飲食禁止などの措置を取ると明らかにした。感染拡大は特に都市部で顕著だといい、10月末の地震で大きな被害が出た西部イズミルでも震災後に感染者が急増している。
 内務省によると、新たな措置は20日夜から適用される。週末の外出は原則として午前10時から午後8時までに限定される。さらに、65歳以上と20歳未満の市民については、平日も含めて外出時間は日中の一定の時間に限られる。学校は年末までオンライン対応とする。エルドアン氏は「患者、死者数が非常に深刻な水準に達した」と述べ、新たな措置への理解を求めた。 (C)時事通信社