【ロサンゼルスAFP時事】米西部カリフォルニア州のニューサム知事は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するため、午後10時~午前5時の夜間外出を禁止すると発表した。ロサンゼルスやサンディエゴなど州人口の94%が対象となり、21日夜から12月21日まで実施する。
 知事は声明で「ウイルスはかつてないほどのペースで広がっている。拡大を食い止めるには今後数日から数週間が重要だ」と訴えた。保健当局によると、州内では今月第1週に新規感染者数が約50%増え、医療崩壊が懸念されている。 (C)時事通信社