東京大とフランス国立科学研究センターの研究チームは24日までに、新型コロナウイルスに感染しているか、自分で簡単に検査できる紙製センサーの試作品を来年3月をめどに開発する方針を明らかにした。唾液を紙のセンサーに垂らし、スマートフォンで撮影するだけで、ウイルスの有無を判定できる製品の実現を目指している。
 東大生産技術研究所の南豪准教授は「紙を使うことで安価になり、使い捨てにできる」と話している。 (C)時事通信社