菅義偉首相は24日、公明党の竹内譲政調会長と首相官邸で会い、2020年度第3次補正予算案の編成に向けた提言を受け取った。新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、ひとり親世帯など生活困窮者の支援拡充が柱。首相は「しっかりやっていく」と応じた。
 提言は、非正規・女性の再就職支援の拡充、観光・交通事業者への熱感知カメラや空気清浄機の設置補助などを提唱した。
 政府の観光支援事業「Go To トラベル」については、少なくとも来年のゴールデンウイークまで延長するよう主張。竹内氏は提言後、記者団に「運用見直しはあるにしても継続は必要だ」と訴えた。 (C)時事通信社