ゼリア新薬工業(東京)の新入社員だった男性=当時(22)=が自殺したのは、新人研修で人格否定されたことが原因だとして、両親が同社などに損害賠償を求めた訴訟は24日までに、東京地裁で和解が成立した。両親の代理人弁護士が明らかにした。
 他に和解したのは人材育成コンサルタント会社のビジネスグランドワークス(BGW、東京)と同社の元講師。弁護士によると、元講師は哀悼の意を示し解決金100万円を支払った。BGWは哀悼の意を表したが、その他の内容は非公開。ゼリア新薬との和解内容も明かされなかった。
 男性は2013年4月に入社後、BGWの講師から「意識行動変革」と称した研修を受け、過去のいじめ被害や吃音(きつおん)を同僚の前で告白するよう強要された。
 男性は強いショックを受けたと研修報告書に記し、約1カ月後に自殺。中央労働基準監督署は15年5月、「嫌がらせなどに該当する強い心理的負荷があった」として労災認定していた。
 男性の父親(62)は24日、都内で記者会見し、「やっと息子の墓前に報告できる。『ブラック研修』のひどさの警鐘になれば」と話した。
 ゼリア新薬は「和解は事実だが、詳細は差し控えたい」とコメント。BGWも「和解により終結したが、それ以上はコメントできない」と回答した。 (C)時事通信社