東京都は25日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、酒を提供する飲食店とカラオケ店に対し、午後10時までの営業時間短縮を再び要請することを決めた。期間は28日から12月17日までの20日間で、島しょ部は除く。要請に応じた事業者には一律40万円の協力金を支給する。
 小池百合子知事は会議後に記者会見し、「年末の繁忙期で事業者には負担をお掛けするが、ご協力をお願いしたい」と理解を求めた。都民に対しては「できるだけ不要不急の外出は控えていただき、外出する場合は感染対策を万全にしてほしい」と呼び掛けた。
 都内の新規感染者数は11月に入り急増し、若者だけでなく、重症化リスクの高い高齢者の感染者も増加。重症患者も徐々に増え、25日には54人と、緊急事態宣言の解除後最多を更新した。小池氏は「重症者数が急増している。医療崩壊をなんとしても回避しなければならない」と危機感を示した。 (C)時事通信社