日本医師会の中川俊男会長は25日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの新規感染者の増加が続いている状況に関し、「医療提供体制が崩壊の危機に直面している」との認識を示した。その上で、「特に北海道、首都圏、関西圏、中部圏を中心に(感染者の急増が)深刻な状況だ」と語り、対策の徹底を重ねて呼び掛けた。
 各都道府県は、新型コロナ患者の増加に合わせて使える病床を増やす計画を整えている。ただ中川氏は、こうした病床は「実際に患者が発生して(すぐに)使えるわけではない」と指摘。「新型コロナ患者を受け入れるため、他の疾患の患者受け入れが困難になりつつある」と訴えた。 (C)時事通信社