【ニューヨーク時事】トランプ米大統領は26日、新型コロナウイルスワクチンの配布が来週にも始まるとの見方を示した。米メディアが伝えた。
 トランプ氏は海外に駐留する米軍関係者向けの動画で、コロナワクチンの配布が「来週か再来週にも始まる」と発言。まず優先的に接種を受けるのは「最前線で働く労働者や医療従事者、高齢者」になると述べた。
 米国では今月20日、米製薬大手ファイザーがワクチンの緊急使用許可を食品医薬品局(FDA)に申請。FDAは12月10日の会合で審議する。政権でワクチンの配布を統括するモンセフ・スラウイ氏は先に、許可決定から24時間以内にワクチンが出荷されると説明。接種開始が「11日か12日になる」との見通しを示していた。 (C)時事通信社