止まらぬ新型コロナウイルスの感染拡大で、東京や大阪で再び飲食店の営業時間短縮要請が出された。年末の稼ぎ時に我慢を強いられる繁華街からは27日、理解する声がある一方、「大打撃、またか」と、恨み節も聞かれた。
 同日から午後9時までの営業に短縮した大阪・ミナミの居酒屋「おだし」の店長、松二衛さん(41)は「もろに大打撃を受けるのは確定だ」と落胆。「稼ぎ時を迎えるたびに国や府から営業の制限を求められるのは残念でしかない」とこぼす。
 8月にも府の休業要請に応じたといい、「どれだけ効果があったか検証や説明もせず、何度も要請されても」と批判。「客足も戻りつつあったのに。やれる対策はもうない」と語気を強めた。
 南海難波駅近くの飲食店で、午後8時半ごろ時短を理由に入店を断られた女性会社員(45)は「騒ぐ若者がいない店でも一律なのは疑問」と不満げ。友人と飲んでいた女性(20)は「いつもは2軒目に行くが仕方ない」と諦め、家路に就いた。
 都の要請で28日から3度目の時短営業が始まる東京・新橋。時短前最後の週末でも、過去最多の感染者数を記録したこともあり人出はまばら。老舗居酒屋「黒船屋新橋店」は要請に応じ、午前5時の閉店時間を午後10時に繰り上げる。店長の鄭海水さん(31)は「短縮中の売り上げは9割減だろう。家賃分にも届くかどうか」と苦渋の表情。「制限はやむを得ない。我慢し続ける」とかみしめるように話した。 (C)時事通信社