【ビジネスワイヤ】バイオ製薬企業の米ヒューマニゲンは、オーストラリア法人のHumanigen・Australia・Proprietary・Limitedを設立したと発表した。設立はアジア太平洋地域での成長を促進することが狙い。既に韓国とフィリピンで同社の治療薬候補「レンジルマブ」のライセンス契約を締結した。レンジルマブは新型コロナウイルス陽性で肺炎を持つがん患者や難治性慢性骨髄単球性白血病の患者で臨床試験が進められている。同社は多形性膠芽腫の治療薬候補「イファボツズマブ」なども開発中。(C)時事通信社