【ビジネスワイヤ】予防可能な死亡の根絶に取り組む患者安全運動財団(PSMF)は、2030年までに予防可能な患者死亡ゼロを達成するための新しいコミットメントモデルを発表した。従来モデルは医療機関から患者安全対策の誓約をとりつけることに狙いがあった。誓約医療機関は2012~20年に36万6353人の命を救ったと報告しており、従来モデルの効果が示された。改善した新モデルは、安全で信頼できるケアの基盤の構築と維持を医療機関に求めることに主眼を置く。無料の仮想コーチングを採用して、「実施可能な患者安全ソリューション」(APSS)の採用を促している。(C)時事通信社