国内では2日、新たに2434人の新型コロナウイルス感染が確認され、1日当たりの新規感染者が2日続けて2000人を超えた。死者は大阪府で7人、北海道と東京で各5人など全国で計32人判明した。厚生労働省によると、重症者は計488人で、前日から5人減った。
 東京都の新規感染者は500人で、1日当たりで500人に達したのは4日ぶり。全ての年代で感染が確認され、20代が125人で最多。30代(81人)、40代(75人)、50代(62人)と続いた。重症化リスクの高い65歳以上は88人。重症者は59人で、前日より3人減った。
 大阪府の新たな陽性者は427人で、4日ぶりに400人を上回り、神奈川、愛知両県は200人を超えた。群馬県は44人で過去最多を更新した。 (C)時事通信社