日本維新の会の片山虎之助共同代表らは2日、菅義偉首相と首相官邸で会談し、新型コロナウイルス対策に関し、都道府県知事の権限強化や医療機関への財政支援などを柱とする提言書を手渡した。首相は「真摯(しんし)に受け止めてしっかり対応する」と応じた。
 提言は、知事の権限を強化するため、新型コロナ対策に関する特別措置法を改正し、事業者への罰則規定を設けることや、知事が地域の実情に応じて緊急事態宣言を国に要請できる仕組みなどを求めた。会談後、片山氏は記者団に「地方と国が二人三脚でやることが適当だ」と強調した。 (C)時事通信社