実際は使用していない薬剤を使ったかのように電子カルテを改ざんしたとして、津地検は3日、公電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、三重大病院臨床麻酔部の元准教授境倫宏容疑者(48)=津市=を逮捕した。地検は認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は2月中旬~3月下旬、津市の同病院で複数回、実際は使っていない薬剤を使用したかのように電子カルテを改ざんした疑い。
 三重大が設置した第三者委員会によると、境容疑者は「ランジオロール塩酸塩」の使用実績を上げるため電子カルテを改ざん。実際は使わずに破棄する一方、2018年4月~今年3月に約2200件を改ざんし、2800万円超の診療報酬を不正請求した疑いがあるという。
 同大は10月に境容疑者を津地検に告発するとともに、懲戒解雇処分としていた。 (C)時事通信社