【ロサンゼルス時事】米カリフォルニア州のニューサム知事は3日、新型コロナウイルスの感染拡大によって、集中治療室(ICU)の収容余力が15%を下回った地域に対し、少なくとも3週間の「自宅待機令」を導入すると発表した。今月下旬までに、ほぼ全域が対象となる見込み。同州は3月に全米でいち早く外出制限に踏み切ったが、大規模な経済活動の停止に逆戻りした形だ。 (C)時事通信社