【ワシントン時事】バイデン次期米大統領は3日、CNNテレビのインタビューで、ファウチ国立アレルギー感染症研究所長に「過去数代の大統領に仕えたのと全く同じ役割を(次期政権で)担うよう要請した」と明らかにした。次期政権の新型コロナウイルス対応で、感染症対策の権威でもあるファウチ氏に、医療分野の中心的な助言役を任せる考えを示した。
 ファウチ氏は、トランプ政権でもホワイトハウスの新型コロナ対策本部に加わっているが、経済活動規制やマスク着用義務化をめぐりトランプ大統領としばしば対立。対策本部による記者会見にも長く出席していない。ファウチ氏への続投要請は、バイデン氏が新型コロナ対応に当たって、専門家の見解を尊重する姿勢を明確にする意味合いもある。 (C)時事通信社