政府は4日の閣議で、新型コロナウイルス感染症対策として使われているフェースガードに関し、専門家による「マスクに比べ効果が弱い」とする見解を踏まえ、「個別具体的な状況に応じて適切に使用されるべきだ」とする答弁書を決定した。NHKから国民を守る党の浜田聡参院議員の質問主意書に答えた。
 答弁書は、厚生労働省の助言組織が「マスクに比べ効果が弱いことに留意が必要」との見解を示していることを紹介。菅義偉首相は感染拡大防止のため、国民に対して会食時も含めたマスク着用を呼び掛けており、首相自身も公務の際にフェースガードは使用していない。 (C)時事通信社