【ワシントン時事】米国で新型コロナウイルスの感染拡大が、ここに来て加速している。1日当たりの新規感染者数が、連日のように過去最多を更新。11月下旬の感謝祭休暇で人の移動が活発化したことを受け、専門家からは「感染のピークはこれからだ」と警戒する声も出ている。
 ワシントン・ポスト紙の集計によると、米国で4日に報告された新規感染者数は過去最多の約23万人で、3日連続で20万人台となった。過去7日間の平均では、9月時点のほぼ5倍だ。
 感染が広がった今年夏と比べ、最近は重症患者が増えているのが特徴だ。1日当たりの新規入院患者が急増し、死者数も2500人超。ピークだった4月に匹敵する水準となっている。
 西部カリフォルニア州のニューサム知事は3日、大半の地域に「自宅待機令」を出し、家族以外との集まりや飲食店の営業を規制すると発表。バイデン次期大統領は同日、CNNテレビのインタビューで「(来年1月20日の)就任から100日間、マスクを着用するよう国民に求める」と述べ、感染拡大防止策の徹底を呼び掛けた。
 だが、感染症の権威であるファウチ国立アレルギー感染症研究所長は、ワシントン・ポスト紙に「感謝祭後のピークはまだ来ていない」と指摘。休暇中に感染した人の発症が、今後増加すると予想する。クリスマスから年末年始にかけての休暇で旅行や帰省、人の集まりが再び増えれば、感染拡大に拍車をかけるという懸念も強い。
 疾病対策センター(CDC)は3日、新型コロナによる死者が今後4週間でさらに増加し得るという予想を公表。20日からの1週間だけで最大1万9500人が命を落とし、4日時点で累計約28万人だった死者数が「30万3000~32万9000人に上る可能性が高い」と警告した。 (C)時事通信社