【ビジネスワイヤ】スイスのバイオ製薬企業Rhizen・Pharmaceuticalsは、同社の新型コロナ治療薬候補「RP7214」の新薬臨床試験開始届(IND)が米食品医薬品局(FDA)から承認された発表した。RP7214は経口投与可能なジヒドロオロト酸デヒドロゲナーゼ(DHOHD)阻害剤で、強力なSARS-CoV-2ウイルス阻害作用と広範な抗炎症活性を備える。前臨床試験で安全性が確認された。今月初旬に単回投与用量漸増試験を開始する計画で、反復投与漸増試験が続く可能性がある。(C)時事通信社