大みそかの夜、「泣く子はいねが」などと雄たけびを上げ、鬼の形相で家々を訪れる秋田県男鹿市の伝統行事「ナマハゲ」が新型コロナウイルスに揺れている。市は伝統継承の点から実施を促すが、開催を決めた地区で賛同の声と感染への不安が交錯。年末が迫り、多くの地区が苦悩の中で判断を迫られている。
 山の神の化身とされるナマハゲは人々を戒め、災禍をはらうといわれ、人々が酒や食事でもてなす。2018年にユネスコ無形文化遺産に登録され、現在は男鹿市内148地区のうち約90地区で行われている。
 市は11月中旬、実施に前向きな地区に感染対策をまとめた書面を配布。菅原広二市長は記者会見で「一度止めると再開が難しい」と述べた。今年は7地区が実施を、6地区が中止を決めたが、80地区は検討中という。
 「男鹿からナマハゲを取れば何が残るのか」。岩倉地区の「盆踊りなまはげ保存会」は実施を決めた。今年は酒の回し飲みなど飲食を禁止し、ナマハゲ面の下でのマスク着用や玄関先での訪問を徹底する。同会は「長年の伝統を止めたくない」と実施に踏み切ったが、吉田幸太会長(41)は「初めての試みで、どういう対策がふさわしいのか」と不安をにじませる。
 一方、例年100軒以上の家を訪ねる芦沢地区振興会は中止を決定。同地区には多くの観光客が訪れ、帰省者がナマハゲを担うことも少なくないが、実施すれば県外からの参加を断らざるを得ないという。同会の武田泰明事務局長(41)は「断腸の思い。来てはいけないとは言いづらいし、厄をはらうナマハゲがリスクを背負うのもどうか」と語る。
 同じく中止する双六地区では、約10年前から国際教養大(秋田市)の留学生らがナマハゲなどを務めてきた。地元の担い手は平均年齢が70代と高齢化が進み、行事を帰省者や留学生ら若手が支える。同地区振興会の三浦幹夫会長(71)は「毎年新鮮な気持ちで迎えてきたが、コロナには勝てない」と残念がる。収束の期待を込め、「来年は2年分の雄たけびを上げたい」と話した。 (C)時事通信社