公明党の山口那津男代表は8日、75歳以上の医療費の窓口負担を原則1割から2割に引き上げる対象範囲をめぐり、政府・与党の協議が難航していることについて「政府がどう考え方を示すか見えないのが進展しない要因だ」と批判した。首相官邸で記者団に語った。
 2割負担の範囲について、政府は年収170万円以上とする案、公明党は年収240万円以上とする案を主張し、溝が埋まっていない。 (C)時事通信社