新型コロナウイルスの国内感染者は10日、新たに2970人が確認され、過去最多だった9日の2812人を上回った。死者は大阪府で9人、北海道で5人が確認されるなど全国で26人増えた。
 厚生労働省によると、10日時点の重症者は543人で、前日から12人減った。
 東京都の新規感染者は602人。1日当たりの感染者数が600人を超えるのは初めてで、5日の584人を上回り最多を更新した。年代別では30代の137人が最多で、20代135人、40代111人などが続いた。65歳以上の高齢者は77人。
 大阪府では、入院患者ら13人が感染していた大阪急性期・総合医療センター(大阪市)で新たに8人の陽性が判明した。センターの敷地内では、重症者を受け入れる「大阪コロナ重症センター」を15日から稼働させる予定になっている。
 千葉県は151人で最多を更新した。船橋市の市立船橋高校で生徒と教諭計46人の感染が分かり、うち36人が男子バスケットボール部員という。
 このほか埼玉県(188人)、岐阜県(45人)、高知県(20人)、佐賀県(13人)、大分県(25人)で1日当たりの感染者数が過去最多となった。 (C)時事通信社