防衛省は11日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い医療体制が逼迫(ひっぱく)している大阪府に、陸上自衛隊中部方面隊の看護師(看護官)ら7人を派遣すると発表した。大阪府の吉村洋文知事からの要請を受理し、自衛隊法に基づく災害派遣として実施する。
 同省統合幕僚監部によると、派遣期間は15~28日。15日に運用を開始する臨時医療施設「大阪コロナ重症センター」(大阪市)と、「大阪府立中河内救命救急センター」(大阪府東大阪市)で、医師の診療補助や人工呼吸器の管理、検温などの医療支援を行う。 (C)時事通信社