立憲民主党の泉健太政調会長は11日の記者会見で、政府・与党が75歳以上の医療費負担を引き上げる制度改革で合意したことについて「新型コロナウイルス禍で生活や医療が不安定な時期だ。ただでさえ受診抑制が起きている中で、負担増を決めるやり方には反対だ」と述べた。 (C)時事通信社