政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は11日、年明け以降に予定する新型コロナワクチンの接種順位について、まず「医療従事者等」を対象に実施することを了承した。次いで「高齢者」を優先。3番手として「高齢者以外の基礎疾患を持つ人」や高齢者施設の職員らに接種し、その後に広く一般の人を順次対象にするとしている。
 医療従事者の範囲については、新型コロナ感染者と頻繁に接する機会のある医師やその他の職員のほか、救急隊員、保健所と検疫所の職員らを挙げた。高齢者や基礎疾患を持つ人の範囲は、厚生労働省の審議会で今後、検討を続けることとした。 (C)時事通信社