米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、新型コロナウイルスの世界の感染者が日本時間12日、累計7000万人を超えた。11月下旬に6000万人に達してから約半月で1000万人増加した。中国・武漢市当局が感染発生を明らかにしてから今月末で1年。英国でワクチン接種が始まるなど明るい兆しが見え始めたが、感染拡大のペースは高止まりしている。死者は159万人超。
 国別の感染者数では、米国が最多の1580万人以上で、1日当たりの新規感染者数が20万人前後と連日のように過去最多を更新、深刻さが増している。米食品医薬品局(FDA)は11日、米製薬大手ファイザーなどが開発したワクチンの緊急使用を許可しており、米国内でも近く接種が始まる見通し。 (C)時事通信社