【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)は15日、米製薬大手ファイザーなどが共同開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、21日に臨時会合を開き、可能なら販売承認を勧告すると発表した。勧告が出れば欧州委員会が「数日以内」(EMA)に最終決定する。
 EUによるコロナワクチン承認は初となる。EMAはこれまで、遅くとも29日に開く会合で判断を下すとしていた。フォンデアライエン欧州委員長は発表を受け、ツイッターに「最初の欧州市民は、年末までに接種を受けることになりそうだ」と投稿し、会合の前倒し開催を歓迎した。 (C)時事通信社