【ベルリン時事】ドイツの感染症対策を担う政府機関、ロベルト・コッホ研究所の16日の統計によると、過去24時間に確認された同国の新型コロナウイルスによる死者は952人と前日の500人から急増し、過去最多となった。新規感染者も約2万8000人に達した。16日からは、ロックダウン(都市封鎖)が強化され、店舗や学校が閉鎖された。
 死者数増加は、東部ザクセン州の前日の未集計分が加算されたのも一因という。ただ、ニュースサイト「Tオンライン」によると、同州の病院の院長が「過去数日、どの患者に酸素吸入を受けさせるかの選別を迫られている」と窮状を訴えており、第1波時には見られなかった水準で医療が圧迫されているもようだ。 (C)時事通信社