人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、免疫を担う「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」をつくり、頭頸部(とうけいぶ)がんの患者に投与する臨床試験(治験)を進めている千葉大と理化学研究所のチームは17日、1人目の患者への投与が終了したと発表した。重い有害事象は確認されていないという。
 がん治療をめぐり、iPS細胞を実際に用いた研究は国内で初めて。 (C)時事通信社