製薬会社「小林化工」(福井県あわら市)が製造した「爪水虫(つめみずむし)」などの治療薬に睡眠導入剤成分が混入していた問題で、同社は17日、服用した80代男性が11月23日に死亡していたと発表した。この問題で判明した死者は2人目。ただ、男性の主治医は、薬と死亡との因果関係が認められる可能性は低いとの見解を示しているという。
 同社は17日、問題となった薬を処方された患者に対し、一律30万円の慰謝料や、必要となった治療費などを補償すると発表。また、弁護士や医薬品分野の専門家で構成する第三者委員会を設置し、事実関係の解明などを行うとした。
 同社によると、死亡した男性は中部地方の病院に入院していた。別の疾患があったことに加え、服用をやめてから一定期間後に死亡したため、死亡との因果関係は薄いとしている。 (C)時事通信社