【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は17日、来週にもEUで初承認される見込みとなった新型コロナウイルスワクチンについて、「27、28、29日にEU全域で接種が始まる」とツイッターで表明した。ドイツやイタリアは27日に接種を開始する方針を示している。
 EUでは、欧州医薬品庁(EMA)が21日の会合で米製薬大手ファイザーと独バイオ医薬品企業ビオンテックが共同開発したワクチンの販売承認を勧告する見通し。これを受け、欧州委は23日にも正式承認する方向だ。
 欧州では、ファイザーのワクチンが英国や米国で先行承認され接種が始まったことなどを踏まえ、早期承認を求める声が強まっていた。EMAは当初、遅くとも29日に開く会合で判断を下すとしていたが、21日に前倒しした。 (C)時事通信社