【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)は17日、米バイオ医薬品企業モデルナが開発した新型コロナウイルスワクチンについて、来月6日に臨時会合を開き、可能なら販売承認を勧告すると発表した。日程を来月12日から前倒しした。
 勧告が出れば、欧州委員会が数日以内に承認する方向。EUでは、今月21日に承認勧告される見通しの米製薬大手ファイザーと独バイオ医薬品企業ビオンテックが共同開発したワクチンに続き、二つ目となる。米国はEUに先行し、18日にもモデルナ製ワクチンの緊急使用許可を出す見込み。 (C)時事通信社