東京消防庁は18日、安藤俊雄消防総監(60)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。東京都内の医療機関に入院しており、職務は次長が代行しているという。
 同庁によると、安藤氏は同日午前、38度1分の発熱やせきの症状があったため医療機関を受診し、陽性と判明した。17日は通常通り勤務していたという。同庁は、濃厚接触者の有無について保健所の調査に協力するとしている。 (C)時事通信社