田村憲久厚生労働相は21日の閣議後記者会見で、例年12月下旬に公表している人口動態統計の年間推計の公表を今年は見送る方針を明らかにした。公表見送りは1971年の推計開始以来初めて。
 年間推計は1~10月までの速報値を基に計算する。田村厚労相によると、高齢化で増加傾向だった死亡数が今年の速報値では減少傾向にあるほか、婚姻数も令和への改元後に極端な増減を繰り返している。
 一方で、新型コロナウイルス感染拡大との関係については「しっかり分析できていない。例年と違い不確定要素が多く、精度が高い数字が出てこないのでは」と話した。
 人口動態統計は、人口の増減に関する基礎資料として、出生や死亡、婚姻、離婚などを集計している。翌年6月公表予定の概数と、同9月予定の確定数は、従来通り公表する見通し。 (C)時事通信社